フリーランス御用達のレバレジーズさんが運営する「レバテックフリーランス」のお役立ち記事に、当サイトの一部記事がご紹介されました!

生後2ヶ月で復帰。子育てしながら在宅ワークで年間250万貯める。

スポンサーリンク

育児休暇を頂きながら、生後2ヶ月より事業を再開。

ご無沙汰しております。ブログの再開をお待ちにしていた方がいたら、長い間ブログを更新出来なくてすみませんでしたm(_ _)m

少し時間に余裕も出てきたので、ぼちぼち更新していきます。

2009年6月に第一子を出産し、タイトルの通り生後2ヶ月目より仕事を再開しました。いくら在宅とはいえ、乳飲み子を抱えながらの仕事は、それはそれは大変でした。正確に申し上げると、私の娘は比較的大人しく、生後6ヶ月頃までは、在宅ワークも可能でした。日中は、ほぼほぼ寝てるので、膝の上で授乳しつつ、抱っこをして寝かせながら、机に向かっていました。

それが生後6ヶ月頃を過ぎた辺りからは、自我が目覚め、放置するわけにもいかないので、日中は育児をし、お昼寝の時間か、夜寝静まったあとに、仕事をこなしてました。

↑まさにこんな感じでした。

私は、給与所得と事業所得があるので、給与所得を頂いている会社からは育児休暇を取得し、その間に自分の事業を再開しました。

在宅ワークで育休中に収入を得る場合は、就業日数が月に10日以内かつ就業時間が80時間以内であれば、給付金をもらいながら働くことができるそうです。

私の場合、時間単価を2,500円以上で設定しているので、80時間働くと、20万は稼げる計算になります。そこにプラスで育児休業給付金を頂ける形となります。

具体的にどうやって仕事をしたのか。

出産前に契約していた会社から、「早めに復帰してほしい」と要望があったので、それに応える形で復帰しました。もう1社契約先があるのですが、そこは体力的に厳しいと判断し、完全復帰する4月まで待ってほしいと交渉しました。

また、親友と合同で経営しているところから2件ほど案件を頂き、他の友人からも大きい案件をいただけています。

その他、何件かご相談がありましたが、納期が長いもの、時間単価が大きいものに絞って選んでいます。

出産前までは「なんでもこい」精神でしたが、主産後は圧倒的に時間と体力がないので、仕事を選んでいます。

私の場合、出産前から根回しをしていたこと、普段からの信頼関係を構築することに重点を置いてきたため、このような働き方が可能だったと思っています。

もし、このような働き方をしたい方がいらっしゃったら、出産前から、本業とは別に、在宅ワークが出来る副業を選んでおくと良いかもしれません。

あるいは、育児休暇中に、何か資格をとるなどの勉強でも良いかもしれません。

実際、私もプログラミングスクールに通いました!

スポンサーリンク

この話は、また次の機会で紹介しようと思います。

産後は絶対無理をしない。

これは口を酸っぱくして申し上げたいのですが、産後は絶対無理をしないでください。最低でも2ヶ月は働いてはいけません。

無理をして体を壊すと本末転倒ですし、愛着形成を育む時期に、仕事漬けで子どもとコミュニケーションを取れなくなるなんて、文字通り元も子もありません。

そんな私はかなり無理をしてしまうタイプなので、周囲から

子どもを蔑ろにして可哀想

パソコンばっかりやって親の自覚なし!

とよく非難されたので、かなり反省しています。

「貧乏暇なし」「三つ子の魂百まで」じゃないですけど、幼い頃から染み付いた生き方は中々変えられませんね・・・。子どもと密に接する時間はあっという間に終わってしまうと聞くので、バランス良く仕事も子育ても出来たら良いなと思っています。

育児休暇中に稼ぐことは可能か?

私の実体験ですが、在宅ワークなら、十分可能だと感じました。ほぼワンオペで、遠方に嫁いだ私ですら出来たので、近所に両親など、子どもの面倒を見てくれる方がいれば、よりその可能性は広がると思います。

しかし、子どもの性格による所が大きいのも留意すべき点です。もしも私の娘が、よく泣く子や甘えん坊な子でしたら、結果は違うことになっていたでしょう。ご自分のお子さんの個性、または成長に合わせた働き方を模索する必要があると思います。

4月から完全復帰!その後の展望。

本来でしたら、娘を4月から保育園に入園させ、バリバリ働く予定だったのですが、この度、新型コロナで保育園も自粛・・・。状況が変わってきました。

ありがたい事に、仕事量は特段減ることもなく、変わらずに在宅ワークなので問題ないのですが、1歳になる子を抱えながらの仕事は難しいものがあります。

このままこの状況が続けば、実家に帰省して子どもの面倒を見てもらうのもアリですが、沖縄も厳しい状況が続いているようです。

未来は予測出来ないのでなんとも言えませんが、変わらずに仕事をこなし、株を少しづつ買い増して、子育てに励んで行こうと思います。

それでは、また更新します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です