フリーランス御用達のレバレジーズさんが運営する「レバテックフリーランス」のお役立ち記事に、当サイトの一部記事がご紹介されました!

ご報告:入籍&出産しました!前日まで働いた在宅デザイナーの出産ヒストリー

スポンサーリンク

健診日当日、破水からの出産。原因は重い物を運んだから?

ご無沙汰しております。長い事ブログを更新出来なくてすみませんm(_ _)m

タイトルにある通り、この度、入籍&出産致しました!

全国に3番目くらいに多い名字になりましたが、今後も仕事では、kinjoを名乗っていこうと思っています。

また、予定日より11日早い6/9に、2640gで娘を出産しました!

検診日当日、徒歩で産院に向かっている途中に破水していたようです。歩いてる途中で、尿もれのような感覚を感じ、近くのコンビニに駆け込むと、パンツがビショビショに。「まさか!」と思い、トイレットペーパーを当てて、産院に向かいました。到着した頃にはジーンズが少し濡れていました。医者に「破水ですね。即入院。」と言われ、あれよあれよと言う間に病室へ。

予定日はまだまだ先だったので、入院の準備も完全にできておらず、焦りました。

そこは主人が機転を利かせて準備してくれたので、助かりました。

おそらく、前日に新しい家具を運んでしまったのが破水の原因かな?と思っています・・・^^;

仕事も前日ギリギリまでやっていたので、入院中も、チャットでやり取りしていました・・・。

私からの注意点としては、

・入院の準備は早めに、誰にでも分かるところ(玄関等)に置いておく

・重いものを運ぶの禁止(当たり前)

・仕事は余裕を持ってスケジュール管理をする

・自分の体力を過信しない

です。

入院後、12時間は全く陣痛がなかったのですが、その日の22時頃に陣痛が始まり、5時間で出産。陣痛は、本当に耐えるのが辛くて、痛かった・・・。例えるなら、最大級の便秘が今まさに出ようとしているが、堪えなければいけない、に近いような・・・。いや、もっと痛いですけど。

出産は主人が立ち会ってくれ、二人で乗り越えました。出産した感想は「やっと生まれた。一仕事終えた・・・」です。感動というより、10ヶ月の任務をやり切った感が大きかったです。

深夜に出産した為、痛みと眠気で朦朧としていた感じで、産後は爆睡しました。翌日、母乳をあげて初めて実感が湧き、涙が出てきました。

出産は、「超絶、怖い&痛い」と思い込んでいましたが、実際産んでみると、「案外次もイケる!二人目早く欲しい!」と思いました。まさに「案ずるより産むが易し」でした。

今現在、母子ともに健康です!

前日まで働く。会社には妊娠を報告、業務提携先には伝えたり、伝えなかったり、組織による。

私の今の働き方としては、会社員として在宅で働きつつ、業務提携先を2社、親友との会社、個人で請け負っている案件を、業務後や休日にこなしています。

勤めている会社には、妊娠初期の段階できちんと報告をして、色々気遣って頂きました。

スポンサーリンク

また、長い付き合いのある提携先には、安定期に入った頃に報告し(全く気付かれなかった)、予定日の3週間前(5/31)まで働きました。

比較的最近付き合った提携先には、伝えていません。その会社は男性メンバーが多いので、妊娠していると告げると、契約を打ち切られるのでは、という不安があった為です。

なので、「最低2ヶ月ほど忙しくて動けない。その間、もし他に良いデザイナーがいればその方と契約して頂いて構わない」と伝えています。その会社の仕事は、本来5/31までの約束でしたが、ちょこちょこ小さい仕事があったので、結局出産前日までこなしていました。

有難い事に、両方の提携先が私の復帰を待ってくれており、応援してくれました。

さらに、親友との会社では、2件の案件が溜まっていました。動き出したのが6月に入ってから。デザインとコーディングの期日が7月末。流石にこれは着手するのが難しいと判断し、同業者である私の主人に引き継ぎました。

こんな時、同じ仕事をしている人がパートナーだと、理解があり、楽ですね・・・。

ただし、これはあくまで私の例で、人によっては悪阻が酷かったり、体調が悪くて安静にしないといけない人もいるので、ギリギリまで働くこと、まして普段無理してストレスを溜めて働く事はオススメしません。自分の体調と相談しながらが大切です。

私の場合は、たくさん稼ぎたいといった思いが強い事、幸いな事に体調が良好な事、在宅で職場環境に恵まれあまりストレスがない為、こういった働き方ができました。

また、普段から、会社や提携先、主人とのコミュニケーションも大切だと感じています。

里帰りせず、東京で出産。費用は70万弱。

私は両親が離婚しており、それぞれに別の家庭があるので、沖縄に実家という実家がありません(関係は良好)。その為、今回里帰りする事はやめ、東京で出産する事に決めました。その金額、70万弱。誰でも頂ける出産一時金の42万を差し引いても、 30万は実費で賄いました。これは痛い・・・!

これが沖縄だと、出産一時金内か、プラス~5万くらいで収まるそうです。子どもは思った以上にオムツやミルク等でお金がかかるので、もし二人目を産むなら、次回は沖縄で産もうと心底思いました。

子育てしながらの仕事は両立可能なのか?

新生児は、2〜3時間ごとにミルクを与えたり、オムツを変えたり、お風呂を入れたりと、想像以上にやる事がたくさん・・・!

また、出産後の身体はダメージを受けており、思うように動かない・・・!

「在宅で仕事をしながら子どもを育てたい」これが、私がフリーランスになった理由の一つですが、果たして子育てしながらの仕事が両立可能なのか、今のところ自信がありません。

予定としては、所属している会社の育児休暇を取得しながら、業務提携先の仕事を産後2ヶ月頃から再開しようと考えています。

今後は、その辺も含めて、在宅ママのリアルな声を届けていこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です