フリーランス御用達のレバレジーズさんが運営する「レバテックフリーランス」のお役立ち記事に、当サイトの一部記事がご紹介されました!

睡眠不足と不健康。フリーランスwebデザイナーのある激務の1日。

スポンサーリンク

たまに18時間働いている時がある。

前回は優雅な1日をご紹介したが(詳細はこちら)、たまに死ぬんじゃないかっていうくらい激務な時がある。ここ最近は、そのたまにって日が続いている。

案件が3つも4つもある時は、本気で頭と目と手が回らなくなる時がある。ついでに舌も回らない。

簡単に稼げる仕事ってやはり中々ないのが現状。「フリーランスってカッコいい〜」と言われる事があっても、その実情は結構大変。仕事が好きじゃないと多分続かない。この働き方は多分45歳くらいまでだろうな・・・、と薄々気付いている。長時間座り過ぎて、新品の椅子のクッションがすり減ってきている程だ。

スポンサーリンク

そんな最近の私の激務を紹介する。

朝6時、起きてすぐコーディングをする。

一つ目の業務提携先の納期が迫っている為、10時までにコーディングを終わらせる必要がある。画像コーディングがメインなら楽だが、ここにJSなどの動きが入ってきたら、ヒーヒー言いながらやる。

10時、 通常業務。

給与を頂いているところの業務を行う。デザインがメインだから、コーディング、最近は動画制作までやる。ごくたまに取材で写真を撮りに行く事もある。ちなみに写真は得意ではない。  

15時、修正作業。

一つ目の業務提携先から修正作業が入ってきた。通常業務と平行で行う。

19時、通常業務終了、最終修正。

通常業務終了。ただこの日のノルマを片付けられなけらば、もう少し遅い時間までやる事もある。同時に  、一つ目の業務提携先から最終修正が入った。21時までに対応。

22時、もう一つの案件に着手。

他の提携先や新規で、Webデザインやロゴ、DTPの案件が入る。コーディングのみの案件もある。隙間時間に作業する事も。早ければ24時に終わる事もあるが、気付いたら2時になっている時もある。 

ちゃんとしたご飯は夕ご飯のみ。

朝は軽くコーヒーを飲んで、昼は何かつまみながら仕事をする。料理は好きなので、息抜きにパパッと作って、20時くらいに1時間休憩を取りながら頂く。束の間の休息だ。

スポンサーリンク

基本的に土日なし。

「華金だ、やった〜」とかを感じる余韻もなく、土曜日も通常運転。ここでは主にもう一つの案件を進めていく。たまに「私、何やってるんだろう」と思う事もあるし、土日が休みの人を見てメリハリがあって良いな、とか思う事もある。ただやっぱり好きな事を仕事にしているので、幸せではある。

せめて、土曜か日曜の1日くらいは、健康を考えて、休むようにしている。

年末はだいたい忙しい。

昨年もそうだが、年末にかけてやたら忙しくなる。そして3月までそれが続く。時たま「ハゲるんじゃないか」ってくらい頭が痛くなる。ちなみに腰も背中もやられるので、定期的に運動をする事をお勧めする。

激務な時もあるけど、調整次第。

私の場合は、基本的に仕事をなるべく断らないスタンスなのと、独身のうちに稼いでおきたいという気持ちがあるので、バンバン仕事を入れている。普通に生活するだけの稼ぎで良い人なら、この激務は半分以下になると思われる。

また、交渉が上手い人であれば、納期時期をずらしてもらったりもできる。しかし私はまだまだ駆け出しなのと、提携先の切羽詰まってる感じも理解出来るので、なるべく「いつでもどこでもマッハで対応」を心がけている。

そうすると、他の人には任せにくい仕事も舞い込んでくるようになる。「安売りはしないが、安請け合いはバンバンする」、そんな感じだ。

人によっては、仕事をちゃんと選びたいタイプだったり、健康や家族との時間を大切にしたいタイプもいると思うので、自分がどのスタンスやセルフイメージでやっていきたいかをじっくり考えても良いだろう。

当然だが、フリーランスになると営業も自分でやる事になる。そこで、自分の強みやメリットを営業先にきちんと説明出来れば、他と差別化出来るので、仕事に困ることはないはずだ(余談であるが、私は仕事の話をするのがすごく苦手なので、あんまり営業しないスタンスです・・・)。

やっと本日も業務終了。再来週からまた新規案件だ。感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です